2007年11月19日

しめ縄の作り方

しめ縄の作り方です。
もうすぐお正月ですね。しめ縄作って、良い一年を迎えたいですね。さてこのしめ縄というもの、いったい何者なんでしょうか?しめ縄を漢字で書くと注連縄と書くようですね。さらに標縄・七五三縄とも書くようです。目的としては、神前に不浄なものの進入を禁ずるしるしとして張る縄のことのようです。

神社に備え付けてある、あのめちゃめちゃ大きなものもしめ縄なんですね。あれはさすがに個人の力では作れないはず。お正月に玄関に設置する小さめなものなら自宅で作れると思うんですよね。

お正月に家にしめ縄をセッティングするのは、もはや、だいたい意味はわかりますが、家を清めて、神様を迎えるため、玄関前にこのしめ縄を張るようになったようです。

それにしても、門松にしろ、しめ縄にしろ、鏡餅にしろ、やっぱり正月を彩る日本文化って言うのはいいものですよね。今年がんばるぞという気持ちになるものの、もう少しお正月を楽しめばというメッセージをもらっているようなきもするし、そしてそもそも美しい。これぞ、日本文化ですよね。このようなしめ縄を今年は自分で作って、楽しくもそして張り合いのあるお正月を迎えましょう!
posted by つくりかた at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・・・・・・
Posted by ・・ at 2008年01月19日 20:11
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。