2007年06月03日

野球肘の治療がいらない最強肘の作り方

野球肘にならない投げ方と、治療法とリハビリテーションです。作り方って言うか投げ方矯正しましょう!野球肘は野球でボール投げすぎて肘が痛くなってしまう症状の通称です。この野球肘になると肘が痛くてボールが投げられないんですね。野球好きにとっては本当につらい症状なんですよ。痛いことよりも、野球を思う存分できないことが。なのでさっさとリハビリテーションなどの治療法を採用して治したいんです。

逆説的ですが、経験からいうと、野球肘になったら、逆にきちんとした投げ方を身に付けるチャンスなのです。(こんな考え方をしないとやってられないぐらい心が“すさみ”ます。)野球肘になったら、治療法やどうやって治すかをを考えるのではなくて、まず、リハビリテーションの意味もこめて、肘が痛くない投げ方を模索しましょう。肘が痛くない投げ方=肘に負担がかからない投げ方です。へんな投げ方をしたら逆に痛いので、本気で気をつけて投げることになります。

肘に集中していた負担を、足とか背筋とか腹筋とかとにかく筋肉に分散させましょう。ただし肘の負担を肩にもっていったら、今度は肩をやられて本当に投げられなくなります。負担は筋肉に、決して関節で負担してはいけません。また、肘が痛い状態で痛くない投げ方を模索するときに、気をつけなければならないことがあります。それは、肘の基本的な動き方を知ること。この動きを念頭に置き、模索してください。そうでないと繰り返しになるだけです。

んでその基本となる肘の動きとは、ダーツであり、バスケットのシュートであり、紙飛行機を飛ばす肘の動きです。肘は上記の例のように動かすと、いくら動かしても絶対に痛くなりません。本当です。ただ、今までこの動かし方をしていない人にとっては慣れるまで、そこそこ時間がかかったり、最初は上手く投げられないのでいらいらします。ただこの肘の動かし方で投げられるような投げ方をすれば肘は痛くなりません。
posted by つくりかた at 19:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バスケのシュートで肘が痛くなった自分って一体・・・orz
Posted by ぴろあき at 2008年04月02日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。