2007年06月02日

池の作り方

せっかくなんで、も作っちゃいますか!なんて、そんなに簡単に作れないですよ。たぶん。でもね、だからこそ、池を作る価値があるんじゃないかって思うんですよ。っつーことで作り方をいろいろ考えてみたいと思います。

しかし、水溜りと池と沼と湖と海っつーのはどこら辺が境目なんでしょうかね。なかなか難しいですね。池と沼をあわせて池沼なんて言っちゃうしね。さてさて池ですが、ため池も池の一つですよね。溜池は水を確保するために作られた物です。あんまり雨が降らなかったりする地域にありますよね。確か、香川とかが多いんじゃないでしょうか?溜池の作り方って言うのも特別な物がありそうですよね。

さて、池ですが、どういう池にしましょうか?それによって作り方も換わってくるはずです。例えば、日本庭園のなかに佇む池なのか、はたまた、特に日本庭園というわけではなく、金魚を飼うための小さめの池なのか、まぁ池によっていろいろな作り方があるはずです。品質的に一番良いのは施工業者を呼んで、作ってもらうというのがもっとも安全です。責任も転嫁できますしね。ただし。お金がかかるということ、池に思い入れがなくなってしまうということがちょっと残念な気はしております。さて池では何か飼いますか?金魚?錦鯉?なまず???やっぱ錦鯉の一匹や二匹は飼いたいですよね。そんで優雅に泳いでもらいたいですね。風情が出ます。こうやって、「池」のコンセプトをしっかり組み立ててから、池の作り方をマスターし、池作りに着手しましょう!
posted by つくりかた at 09:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このホームページはなんのやくにもたたん
二度と見ない
Posted by 赤木 at 2011年04月08日 22:15
Posted by 赤木 at 2011年04月08日 22:16
死ねこのうんこアフリエイトサイト
Posted by at 2016年11月06日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。