2007年11月21日

ホームシアターの作り方

ホームシアターがほしいです。ホームシアターの作り方を学んで、かなりすごいホームシアターを作りましょう。単にプロジェクターと5.1chを購入すれば良いってものじゃないですよホームシアターは。やはり、スピーカーをどこにおくのとか、プロジェクターはどこのプロジェクターが良いのかだとか、スクリーンはどのくらいの大きさが良いのかだとか。まぁ考えることは山ほどありますよね。それらを総合して、ホームシアターを作るべきなのでしょうね。また、今は5.1chでなくても、仮想的に5.1chのように聞こえるような仕組みも作ることができるようです。3.1chで、あたかも5.1chの音の響きが体感できるのです。それは、家のスペースと相談したいものですよね。ただ、音楽が趣味というか、音質を求めている人にとっては、ちょっと、いや、かなり邪道かもしれませんよね。ただ、自分のいろいろな求めるポイントをかんがみて、選んでいくよりほかないと思います。でも、ホームシアターセットがあったら、映画好きの友達にもひけらかすこともできるし、自慢したいですよね。映画好きの友人たちに自慢して、いい気分になってもらえたららと思っています。ホームシアターは今では、オールインワンのシアターセットが販売されて、友達が購入したようですが、かなり好評だったようです。スピーカーもDVD再生機も内蔵されているようですよね。
posted by つくりかた at 22:13| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

しめ縄の作り方

しめ縄の作り方です。
もうすぐお正月ですね。しめ縄作って、良い一年を迎えたいですね。さてこのしめ縄というもの、いったい何者なんでしょうか?しめ縄を漢字で書くと注連縄と書くようですね。さらに標縄・七五三縄とも書くようです。目的としては、神前に不浄なものの進入を禁ずるしるしとして張る縄のことのようです。

神社に備え付けてある、あのめちゃめちゃ大きなものもしめ縄なんですね。あれはさすがに個人の力では作れないはず。お正月に玄関に設置する小さめなものなら自宅で作れると思うんですよね。

お正月に家にしめ縄をセッティングするのは、もはや、だいたい意味はわかりますが、家を清めて、神様を迎えるため、玄関前にこのしめ縄を張るようになったようです。

それにしても、門松にしろ、しめ縄にしろ、鏡餅にしろ、やっぱり正月を彩る日本文化って言うのはいいものですよね。今年がんばるぞという気持ちになるものの、もう少しお正月を楽しめばというメッセージをもらっているようなきもするし、そしてそもそも美しい。これぞ、日本文化ですよね。このようなしめ縄を今年は自分で作って、楽しくもそして張り合いのあるお正月を迎えましょう!
posted by つくりかた at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

職務経歴書の作り方

職務経歴書。転職活動の際に必要ですよね。人事の眼に留まる職務経歴書を作成しましょう。そうしないと面接も受けられないですからね。ただし、職務経歴書だけで受かるわけもありません。だけど、しっかり書かないといけません。なかなかめんどくさいところですね。しかしこの職務経歴書をしっかりかくということは、面接にもすらすら回答しうるだけの準備ができるということです。がんばってつくりましょー!
posted by つくりかた at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋人の作り方

渋谷を歩いて、ひたすら声がかかるのを待ちましょう。もしくは、前から歩いてくる異性すべてに告白しましょう。1000人に1人はOKしてくれると思います。。。。

自分を磨くこと。そして磨いたことを人に伝えずに伝えることですかね。磨いたままで部屋の中にいてもどうしようもないですし。
posted by つくりかた at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

野球肘の治療がいらない最強肘の作り方

野球肘にならない投げ方と、治療法とリハビリテーションです。作り方って言うか投げ方矯正しましょう!野球肘は野球でボール投げすぎて肘が痛くなってしまう症状の通称です。この野球肘になると肘が痛くてボールが投げられないんですね。野球好きにとっては本当につらい症状なんですよ。痛いことよりも、野球を思う存分できないことが。なのでさっさとリハビリテーションなどの治療法を採用して治したいんです。

逆説的ですが、経験からいうと、野球肘になったら、逆にきちんとした投げ方を身に付けるチャンスなのです。(こんな考え方をしないとやってられないぐらい心が“すさみ”ます。)野球肘になったら、治療法やどうやって治すかをを考えるのではなくて、まず、リハビリテーションの意味もこめて、肘が痛くない投げ方を模索しましょう。肘が痛くない投げ方=肘に負担がかからない投げ方です。へんな投げ方をしたら逆に痛いので、本気で気をつけて投げることになります。

肘に集中していた負担を、足とか背筋とか腹筋とかとにかく筋肉に分散させましょう。ただし肘の負担を肩にもっていったら、今度は肩をやられて本当に投げられなくなります。負担は筋肉に、決して関節で負担してはいけません。また、肘が痛い状態で痛くない投げ方を模索するときに、気をつけなければならないことがあります。それは、肘の基本的な動き方を知ること。この動きを念頭に置き、模索してください。そうでないと繰り返しになるだけです。

んでその基本となる肘の動きとは、ダーツであり、バスケットのシュートであり、紙飛行機を飛ばす肘の動きです。肘は上記の例のように動かすと、いくら動かしても絶対に痛くなりません。本当です。ただ、今までこの動かし方をしていない人にとっては慣れるまで、そこそこ時間がかかったり、最初は上手く投げられないのでいらいらします。ただこの肘の動かし方で投げられるような投げ方をすれば肘は痛くなりません。
posted by つくりかた at 19:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ビニールハウスの作り方ってどうなの?

ビニールハウスの作り方を考えてみたいと思います。鉄のパイプを曲げて、だいたい半円ぐらいまで曲げて、地面に突き刺します。それを10個ぐらいつなげて、そこにビニールで覆えば、ビニールハウスができあがります。

なんて言葉で書くと簡単なんでしょう♪しかし、実際手作りしようと思ったらかなり大変ですよ、ビニールハウスの中で作業が出来ないとまずいので、鉄のパイプはだいたい10メートル異常ですかね。ビニールハウスはなんに使うかというと、農業のためです。促成栽培のために使います。しかし、冬が厳しい地域だと、ビニールハウスの中で野球をやったりします。つまりスポーツ用にビニールハウスを使うんですね。ビニールハウスを作るには土地が必要ですし、ビニールハウスで何がしたいかも必要です。

いちごなんてビニールハウスで作ったりしますよね。あとトマトとかもビニールハウスで作ります。ビニールハウスのありなしで作物の作り方はかわるんでしょうかね?まぁほんとビニールハウスの作るのは大変ですが、やりがいもありますね。完成して中に入ったときの、下界とはかけ離れた暑さったらないですよ。そりゃ作物も良く育ちますね。ビニールハウスの作り方ですが、コメリなどに資材が販売しているのでそれを買ってくればほんとに簡単に作れます。しかし、労力が必要ですね。若者を手伝わせるのが一番手っ取り早いです。あと、扱っている物が大きいので安全には細心の注意をしましょう。ビニールハウスの簡単な作り方で楽しい農業をしましょう!
posted by つくりかた at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下室の作り方ってどうなの?

みなさん地下室作ってますか(笑)。いやいや(笑)じゃないですよ。地下室ってけっこう使えますよ。いろいろなことに。そもそも土地があれば必ず作れるし。作り方を見ながら、地下室について考えてみたいと思います。

戦時中はほとんどの家であっただろうし、名前は防空壕でしたけど。不謹慎といわれるかもしれないけど、そのくらいさりげなく各家庭がもっていてもいいものだと思っています。もしかしたらわけあって公表してないだけかもしれませんし、使い勝手を考えるとやっぱり現代の作り方で作る必要がありますが。

んで、使い道といば、お父さんの書斎、演奏場所、本を保管する場所、漬物を保管する場所、ワイナリー、パーティールーム、映画鑑賞部屋、お仕置き部屋、核シェルター、隠し部屋、ワープゾーン、ボスキャラがいる部屋。軟禁部屋・・・などなど日常生活でも、ゲームの世界でもいろいろと使えるのがこの地下室です。

んで実際の作り方ですが、まず今の家の状態のまま作れるのかということです。もちろん新居を作るときに地下室をお願いすればそりゃ簡単に作ってくれますよ。お金を払えばですが、やっぱ今の家の状態を維持したまま、地下室を作ることが出来るのか、そんな地下室の作り方があるかですが、これが・・・現段階でリーズナブルに作ることはできないようです。工法はあるようですが、莫大な費用がかかってしまうようです。まぁもしかしたら、新たに新居を構えたほうが安いくらいかもしれませんね。いやぁでも、地下室は壁を撤去して、広々とした空間がもてるので、今から新居を構える人は是非考えてみてはいかがでしょうか?
posted by つくりかた at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土壁を正しい作り方で補強しないとあぶねぇ〜・・・土壁の作り方

土壁を補強しないと危ない・・・土壁の作り方を習得しなければ・・・土壁補強しないと本当に危なくなってきた。実家ははたして大丈夫なのだろうか・・・そうです、実家に土壁をふんだんに使った家屋があるんですけど、その土壁が危ないんです。早く補強しないと、そこを歩いていた人がいたら下敷きになりかねない。実家の土壁家屋を何とか補強しないとまじであぶねーんだよなぁ・・・誰か土壁の作り方教えてください!

いっそのこと壊してしまおうかなぁ〜。そうすると土壁の小屋に入れてあるものをどこかに移動しないといけないし、あー非常に面倒くさい。ひじょーにめんどくさい。土壁をこのまま残していたら文化遺産になって地方自治体が管理してくれても良いんだけどね、まあまだそこまで文化的価値もないので、一体どうしようかなぁ。

そもそも解体するとどのくらいの費用がかかるんだろうか?壊すのにもお金がいる時代ですね。そもそも今世の中に出ているものは壊しにくくなっていますよね。故障しにくくなっているのはもちろんのことだけどね。土壁の補強ってそもそもどうやってやるんだろうか?単に新しい土壁を塗り捲ればいいてことではないと思っているんだけど、そもそも職人自体がいるのか??

しかし、土壁職人はいたとしても、もう50年後にはいなくなっているかもしれないよね。だって土壁を使った家屋なんて見ないもの。でも土壁って雰囲気は良いんですよね。何か暖かいといういうかぬくもりがあるというか、冷たい感じがしないですよね。あのぬくもりを持ちつつ手がかからない壁が良いなぁ〜・・・なんて都合の良いことばかり考えてしまいますが、こんなんではだめですね。。。環境にやさしいほうを選ぼうかなぁ。
posted by つくりかた at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人脈の作り方

うまい人脈の作り方を実践して、どんどん人脈広げたいっておもったことありませんか?まぁ人脈なんて要らないよっていうたくましい人もいると思いますけど、僕は何かあったほうがいいかなぁなんて思うわけです。ないよりは。そういった意味では人脈の作り方もある程度心得ておきたいと。

っていうか、そもそも人脈って何なんですかね??甚だ疑問です。辞書を使って調べてみると・・・こんな感じです。「『山脈・鉱脈』をもじった語で姻戚関係・出身地・学閥などを仲立ちとした、人々の社会的なつながり」。まぁこういう関係があると、仕事をしていくにもまぁうまくいくんでしょうね。最初から仕事だけの関係だと、仕事がうまくいかなくなったとき、その関係が終わってしまうということもありますしね。しかし仕事する前から関係性があるんであれば、仕事がうまく行こうが行くまいが、その前提の関係は変わることはないので(逆に悪くなることもあるけど・・・)、気楽にできるというのもあるし、その人となりがわかっているので、スムーズに進むだろうしね。

ただ、最近よく聞く人脈ってちょっと違うような気がするんですね。やりたいこととか、カネに繋がる人で新しく知り合った人みたいなニュアンスがある気がします。まぁ意味なんてどうでもいいんですけど、新しく人脈を作るより、今までの人脈を大事にしたほうが良いと思うんですよね。人間どこで繋がっているかわからないですしね。そうやって今までの知り合いを大事にすることが新しい人脈へと広がっていく気がするんです。やりたいことを知り合いに言ってみるとそれが新しい人脈の作り方だと思います。

まぁこんな感じで知り合いが増えていくのは嬉しいですよね。
posted by つくりかた at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆腐の作り方を習得して豆腐パーティーやるぞ!

豆腐の作り方を習得して、手作り豆腐を作って、豆腐パーティー!!ってのがこれから流行るって話はあるのでしょうかね?聞いたことないですけど、けっこう面白いと思います手作り豆腐パーティー!ヘルシーだし。

んで豆腐の作り方ですが、めっちゃ簡単にいうと、、、まず原料の大豆を水につけることから始まります。水を吸ってふくれた大豆をすりつぶし、それを煮た後でこします。この時にできるのが「豆乳」です!!!!豆乳って豆からできるんですよぉ〜!知ってましたかぁ???ちなみに、スターバックスで豆乳を使ったラテをソイラテと呼びます。この前タリーズで「豆乳でお願いします」といったら、ただの豆乳が出てきました。テイクアウトだったので、取替えに行くのも億劫で、全部豆乳を飲みきりましたけど。

んで豆乳をしぼった後のかすが「おから」です。豆乳に凝固剤を加えて固めれば豆腐の完成です。ということで、豆乳を買ってきて、そこに凝固剤を入れてもできあがるってことなんですよ!!意外と簡単ですよね。しかし、凝固剤ってなんのことでしょうか?もしかしてこれが「にがり」?教えてください!そうですこの凝固剤ににがりが使われます。現在凝固剤としては6種類、硫酸カルシウム、塩化マグネシウム、グルコノデルタラクトン、塩化カルシウム、硫酸マグネシウム、粗製海水塩化マグネシウム(塩化マグネシウム含有物)の凝固剤を使います。ほうほう。こんなに使うんですね。MgCl2←塩化マグネシウムの化学式。高校時代を思い出します。

この前、男前豆腐を食べてみましたけど、他の豆腐に比べて全然おいしかったなぁ〜。他の豆腐は麻婆豆腐のときに食べて、冷奴は男前豆腐にしようっと。
posted by つくりかた at 09:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。